200417_SeibiiWebBanner_970x250.jpg

駐車監視用 2Balance 電源直結コード

絶賛発売中

スイッチ設定

スイッチボックス部には長時間の駐車監視および駐車記録によるバッテリー上がりを防止する「バッテリー過放電防止機能」を搭載しています。「バッテリー過放電防止機能」は、車載バッテリーの電圧が設定した電圧以下になったときや、設定した時間を超過したときに自動的に電源供給を停止してバッテリー上がりを未然に防止します。本機をお使いの車両に合わせてスイッチを設定します。バッテリー容量によっては、動作状態が変わることがあります。 

※電圧カットオフ値設定がオフタイマー設定より優先されます。

電圧カットオフ値設定(スイッチ番号1〜4)

バッテリーが放電して、電圧がカットオフ値より低下した場合に電源供給を停止します。電圧カットオフ値設定は高い電圧値から確認を始め、車両に合う設定に切り替えてください。

オフタイマー設定(スイッチ番号5〜8)

ACC が OFF 時(駐車開始時)から、設定した時間が経過した場合に電源供給を停止します。

設定例

スイッチ番号1、5を選択した場合、車載バッテリーの電圧が約 11.5V(12V入力時)/23.5V(24V入力時)になったとき、または12時間を超過したときに自動的に電源供給を停止します。

設定が上記1〜8以外の時に、初期設定は1、5となります。

innowa 2Balance 電源直結コードの設定

※1500cc以上でアイドリングストップ機能が搭載されているお車には対応しておりませんのでご了承の程お願い申し上げます。

※ハイブリッド車の場合、車載バッテリーの経年等の理由でドライブレコーダーの通常の動作に十分な電力を供給できない場合がございます。(走行中でも車載バッテリーの電圧が2Balanceの電圧カットオフ値設定よりも下回った場合、ドライブレコーダーへの電源供給をストップいたします)弊社は車載バッテリーの状態から派生する動作の問題につきましては保障することができません。ご購入前にご検討いただけますようお願い申し上げます。

 

※駐車モードを連日12時間以上ご使用することはお勧めいたしません。車載バッテリーの寿命を縮めることにつながります。

 

※GRAVITYシリーズの電源直結コードTHE FORCEはACCを検知する仕様のため、ACCがオンの間は車載バッテリーの電圧が下がっても電源供給を継続し、1500㏄以上のアイドリングストップ機能付きのお車やハイブリッド車でもご使用いただけます。THE FORCEはJourneyシリーズのドライブレコーダーと組み合わせてお使いいただくことが可能です。

 

THE FORCEの「スマート駐車監視」(自動で駐車モード起動・終了)につきましては、GRAVITY の仕様にございますので、Journey シリーズ の場合にはお使いいただけません。