GTF_logo.jpg
191107_thankyouTMS_970x250-01.jpg

スイッチ設定

設定にはエンジン OFF 後、車載バッテリーが設定したバッテリー電圧以下になると車載バッテリーから電源供給を停止する電圧カットオフ値設定と、エンジン OFF 後、設定した時間になると車載バッテリーから電源供給を 停止するオフタイマー設定があります。

※本機を使用する場合は、THE FORCEの電源スイッチをONにしてください。

※スイッチ番号6〜8は使用しません。初期値のまま変更しないでください。

※2日以上使用しない場合はTHE FORCEの電源スイッチをOFFにしてください。

■電圧カットオフ値設定(1〜2使用)

※電圧カットオフ値は、使用環境や車両の状態(バッテリーの状態を含む)により±0.3V程度誤差が生じる場合があります。目安としてご使用ください。

■オフタイマー設定(3〜5使用)

※オフタイマーの設定に関係なく、電圧カットオフ値以下になった場合には車載バッテリーから電源供給を停止します。 

※上記 6パターン以外の設定はしないでください。

※GRAVITY THE FORCEは、innowa Journeyシリーズにも接続・使用可能でございますが、その際にはTHE FORCEの機能のひとつである「スマート駐車監視:クルマのACC電源を検知して自動で駐車モード起動・終了する機能」はご利用できません。予めご了承ください。

1. 駐車時に、車載バッテリーからGRAVITY M1へと電力を常時供給。

長時間の駐車監視および駐車記録によるバッテリー上がりを防止する「バッテリー過放電防止機能」を搭載しています。「バッテリー過放電防止機能」は、車載バッテリーの電圧が設定した電圧以下になったときや、設定した時間を超過したときに自動的に電源供給を停止してバッテリー上がりを未然に防止します。

2.ON/OFFスイッチ:長期間の駐車の際には、簡単に電源供給停止が可能。

3. スマート駐車監視: クルマのACC電源を検知し、自動で駐車モード起動・終了の切替え可能。

4. アイドリングストップ機能搭載車にも対応。