取付注意事項

取付および駐車モードについての注意事項

innowa 5Vシガープラグコードおよび電源直結コード2Balance/GRAVITY THE FORCE でお取り付けいただく際の注意事項を記載しております。

 

電源直結コードで接続し、本体が初期値の場合には、駐車モードは「オフ」となり、車のACCをオフにした後にも常時録画が続きます。そのままのご使用が続きますとバッテリー上がりにつながるおそれがありますので、ご接続後電源供給が始まりましたらお客様のご希望にあわせて「駐車モード」のご設定もお願いいたします。

取付製品を選んでください

必ずinnowaのシガープラグコード(同梱品)またはinnowaの電源直結コードGRAVITY THE FORCEをご使用ください。

<5Vシガープラグコードで接続する場合>

シガーライターソケットは単独で使用してください。

(タコ足配線や分岐して接続すると、異常加熱や発火の原因となります。)

 

【駐車モードについて】

GRAVITYは5Vシガープラグコードで接続の場合は駐車モードは使用できないため、

駐車モード(本体下一番左のメニューボタン → 録画設定タブ → 「駐車モード」) は初期値の「オフ」の設定のままでお願いします。

車のACCをオフにすると電源供給がストップし、ドライブレコーダーの電源がオフになり、ACCをオンにするとドライブレコーダーの電源がオンになります。

<電源直結コードGRAVITY THE FORCEで接続する場合>

GRAVITY THE FORCE取扱説明書ダウンロード

ヒューズボックスから直接電源を取ってください。

THE FORCE のスイッチボックスおよび電源スイッチは車のグローブボックス内など、お客様が確認およびスイッチ切り替えができる場所に設置いただき、お客様に設置場所をお伝えください。(お客様から弊社に問い合わせの際、確認する場合がございます)

 

THE FORCE の電源スイッチをオン(-)にしてください。

 

THE FORCEのスイッチボックスにある「電圧カットオフ値設定(1~2使用)」および「オフタイマー設定(3~5使用)」をしてください。

 

THE FORCE の接続手順(THE FORCE 取扱説明書の「電源LEDについて」に記載)に従ってご接続ください。

(GRAVITYはACCを検知する仕様のため、手順通りにご接続されないと電源供給がはじまりません)

【駐車モードの設定】

電源供給がはじまり、ドライブレコーダーが常時録画を始めたら、

本体下一番左のメニューボタン → 録画設定タブ → 「駐車モード」 にて

「衝撃検知/動体検知/動体検知と衝撃検知」の選択肢からお客様のご希望の駐車モードを設定願います。

駐車モード設定後は、車のACCをオフにすると駐車モードに切り替わります。

 

※駐車モードに切り替わると本体のディスプレイが消えて、本体右上の赤いランプが青いランプ(タイムラプス時は点灯/検知して録画中は点滅)になります。

※駐車モードを設定しないと車のACCをオフにした後にも常時録画が続き、バッテリー上がりにつながりますのでご注意願います。

必ずinnowaのシガープラグコード(同梱品)またはinnowaの電源直結コード2Balance(Journey Plus Rに同梱)、電源直結コードGRAVITY THE FORCEをご使用ください。

<5Vシガープラグコードで接続する場合>

シガーライターソケットは単独で使用してください。

(タコ足配線や分岐して接続すると、異常加熱や発火の原因となります。)

初回のインストール時は、車のエンジンをかけた後に5V シガープラグコードをシガーライターソケットに差し込んでください。

(初回のインストール時等に電源供給が不安定な場合、ドライブレコーダーがフリーズしてしまうことがあります。)

もし、本体が右上の赤いランプが点灯したままフリーズしてしまった場合には、5Vシガープラグコードをシガーライターソケットから外して本体の赤いランプが消えるのを待ち、車のエンジンをかけた後に5Vシガープラグコードを再度シガーライターソケットに差し込んでください。

【駐車モードの設定】

本体下一番左のメニューボタン → 「録画設定:駐車モード」にて初期値の「オフ」もしくは「衝撃検知」に設定願います。

車のACCをオフにすると電源供給がストップし、「オフ」設定の場合、ドライブレコーダーの電源がオフになり、ACCをオンにするとドライブレコーダーの電源がオンになります。

「衝撃検知」は走行中にドライブレコーダー内に充電された電力を使用して待機(フル充電の場合最大1ヶ月)して、衝撃を検知した場合に録画を行います。

車のACCをオフにすると「衝撃検知」に切り替える通知がでて、10秒後に「衝撃検知」に切り替わります。ACCをオンにすると常時録画に切り替わり、本体のディスプレイが表示されます。

(動体検知もしくはオートを設定するには電源直結コードが必要です)

<電源直結コード2Balance(Journey Plus Rに同梱)で接続する場合>

2Balance取扱説明書ダウンロード

① ヒューズボックスから直接電源を取ってください。

 

2Balance のスイッチボックスは車のグローブボックス内など、お客様が確認およびスイッチ切り替えができる場所に設置いただき、お客様に設置場所をお伝えください。(お客様から弊社に問い合わせの際、確認する場合がございます)

 

2Balanceのスイッチボックスにある「バッテリー過放電防止機能」の設定をお願いします。

・電圧カットオフ値設定(スイッチ番号1~4)

バッテリーが放電して、電圧がカットオフ値よりも低下した場合に電源供給を停止します。

電圧カットオフ値設定は高い電圧値から確認を始め、車両に合う設定に切り替えてください。

・オフタイマー設定(スイッチ番号5~8)

ACCがオフ時(駐車開始時)から、設定した時間が経過した場合に電源供給を停止します。

【駐車モードの設定】

電源供給がはじまり、ドライブレコーダーが常時録画を始めたら、

本体下一番左のメニューボタン → 「録画設定:駐車モード」にてお客様のご希望の駐車モードに設定をお願いします。

 

※1 「動体検知」をご希望のお客様の場合には電源ボタンの押し忘れ防止になるため「オート」にご設定ください。

駐車モードの「オート」は車を駐車してから後の10分間、振動を感知せず、アプリのWi-Fi接続もない場合に自動で駐車モード(動体検知)に切り替わり、車が再び動き出した振動を検知して(ドアの開閉で検知される場合も有)駐車モードが解除され、常時録画に変わるモードです。

 

※2 駐車モードの「オフ/衝撃検知/動体検知」を設定する場合には、車のエンジンオフ時にドライブレコーダーの電源ボタンを押してドライブレコーダーの電源をオフもしくは衝撃検知/動体検知に切り替えをし、乗車時に再度電源ボタンを押してドライブレコーダーの電源をオンもしくは常時録画に切り替えが必要です。お客様にお伝え願います。

(切り替えをしないと駐車時にも常時録画が続き、バッテリー上がりにつながります)

 

※3 駐車モードをお使いにならないお客様には、

2Balanceの赤い線と黄色い線をACCターミナルに接続いただくことをお勧めいたします。

(お車のエンジンのオンオフにドライブレコーダーも同期し、エンジンオフの時に電源の供給をオフにすることができ、車のバッテリーへの負担を軽減することができます。5Vシガープラグコードで接続の場合と同様、「衝撃検知」はお選びいただくことができます。)

 

※4 電源直結コード2Balanceは1500cc以上でアイドリングストップ機能が搭載されている車には対応しておりません。(アイドリングストップ機能が起動した際等に設定した値よりも電圧が下がった場合には、電源供給を停止するためドライブレコーダーが再起動を繰り返す可能性があります。)

電源直結コードGRAVITY THE FORCEの使用をお勧め願います。(GRAVITY THE FORCEはACCがオンの間は電源供給を継続します。弊社のお客様ご相談センターもしくは営業担当にご相談いただければ、差額のお支払いでGRAVITY THE FORCEへの交換対応が可能でございます。)

<電源直結コードGRAVITY THE FORCEで接続する場合>

GRAVITY THE FORCE取扱説明書ダウンロード

ヒューズボックスから直接電源を取ってください。

 

 THE FORCE のスイッチボックスおよび電源スイッチは車のグローブボックス内など、お客様が確認およびスイッチ切り替えができる場所に設置いただき、お客様に設置場所をお伝えください。(お客様から弊社に問い合わせの際、確認する場合がございます)

 

③ THE FORCE の電源スイッチをオン(-)にしてください。

 

④ THE FORCEのスイッチボックスにある「電圧カットオフ値設定(1~2使用)」および「オフタイマー設定(3~5使用)」を設定してください。

 

⑤ THE FORCE の接続手順(THE FORCE 取扱説明書の「電源LEDについて」に記載)に従ってご接続ください。

(GRAVITYはACCを検知する仕様のため、手順通りにご接続されないと電源供給がはじまりません)

【駐車モードの設定】

電源供給がはじまり、ドライブレコーダーが常時録画を始めたら、

本体下一番左のメニューボタン → 「録画設定:駐車モード」にてお客様のご希望の駐車モードに設定をお願いします。

 

※1 「動体検知」をご希望のお客様の場合には電源ボタンの押し忘れ防止になるため「オート」にご設定ください。

駐車モードの「オート」は車を駐車してから後の10分間、振動を感知せず、アプリのWi-Fi接続もない場合に自動で駐車モード(動体検知)に切り替わり、車が再び動き出した振動を検知して(ドアの開閉で検知される場合も有)駐車モードが解除され、常時録画に変わるモードです。

 

※2 駐車モードの「オフ/衝撃検知/動体検知」を設定する場合には、車のエンジンオフ時にドライブレコーダーの電源ボタンを押してドライブレコーダーの電源をオフもしくは衝撃検知/動体検知に切り替えをし、乗車時に再度電源ボタンを押してドライブレコーダーの電源をオンもしくは常時録画に切り替えが必要です。お客様にお伝え願います。

(切り替えをしないと駐車時にも常時録画が続き、バッテリー上がりにつながります)

 

※3 THE FORCEの箱に記載のある3スマート駐車監視(車のACC電源を検知し、自動で駐車モード起動・終了の切り替え可能)はGRAVITYの仕様のためGRAVITY M1(フロントカメラ)がないと使用できません。Journeyシリーズのドライブレコーダーの場合には※1、2の設定となりますのでご注意ください。