グッドデザイン賞受賞展

「GOOD DESIGN EXHIBITION 2019」に出展

1/7

本年10 月31日(木)から東京ミッドタウンで開催される、最新のグッドデザイン全件が集まる受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2019」において、innowa GRAVITY が本年度受賞デザインとして紹介されます。

GOOD DESIGN EXHIBITION 2019 - 2019年度グッドデザイン賞受賞展


会 期:2019年10月31日(木)〜11月4日(月・祝)
会 場:東京ミッドタウン各所(東京・六本木)

グッドデザイン賞とは

グッドデザイン賞は、1957 年創設のグッドデザイン商品選定制度を発端とする、日本唯一の総合的なデザイン評価・推奨の仕組みです。デザインを通じて産業や生活文化を向上させる運動として展開され、のべ受賞件数は47,000 件以上にのぼります。今では国内外の多くの企業や団体などが参加する世界的なデザイン賞で、グッドデザイン賞受賞のシンボルである「G マーク」は、すぐれたデザインを示すシンボルとして広く親しまれています。

innowa GRAVITYが

「2019 年度 グッドデザイン賞」を受賞

innowa GRAVITY M1, GRAVITY M2, GRAVITY THE FORCEが、このたび

2019 年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。

フロントカメラ

リアカメラ

innowa GRAVITYは、最高の機能を求めるユーザーのために開発されました。
「重力」を科学的に表す式F=Gm1m2/r2からフロントカメラを「M1」、リアカメラを「M2」、電源直結コードを「THE FORCE」と名付けました。この3つの「GRAVITY」で、最高のドライブレコーダー体験を提供します。

グッドデザイン賞審査委員による評価コメント

ドライブレコーダーは自家用車所有者の3割が装着する車載機器として急成長している。製品の性質上、機能重視傾向が顕著だがカスタマーの多様化に伴いデザイン面の配慮は今後一層必要となる。

 

本製品は高機能をコンパクトな寸法に収めつつ、フロント取り外しパネルの採用で利便性を向上させ、前モデルから大きく進化を遂げた。エッジの効いたデザインは他モデルと一線を画している。パッケージデザインも趣向が凝らされている。