GRAVITY用 最新ファームウェア:
Ver18630.1.1.0.8.0


- 駐車モードのGセンサー感度を改善いたしました。

- メニューに「動体検知感度」の選択肢(標準感度/高感度)を追加いたしました。
- メニューの「Gセンサー感度」を「Gセンサー感度(運転中)」に変更いたしました。

- メニューの「駐車監視時間」に「0時間」の選択肢を追加いたしました。
(電源直結コードTHE FORCEのご接続で駐車モード(衝撃検知/動体検知/動体検知と衝撃検知のいずれか)を設定し、
「0時間」を選択いただくと、お車のACCオフでドライブレコーダーの電源をオフにすることができます。
駐車モード「オフ」を設定した場合はACCオフ後も常時録画が続きますのでご注意ください。)

- 夜間における前方の車のナンバープレート視認性を向上させました。

- うるう年の2月29日の表示がされるよう修正いたしました。

※このファームウェアアップデートはシリアルナンバー G1903 からはじまる製品にのみ行ってください。
(シリアルナンバーはM1本体のフェイスパネルを外した、白地に黒文字の部分にて確認することができます。)

更新履歴

Ver18630.1.1.0.7.1

- 録画ファイル数の制限が解除されました。

- GPS記録の改善を行いました。
- 意図せずにシャットダウンする現象が修正されました。
- パフォーマンスを向上させました。

 

ドライブレコーダーのメインメニューから“情報” > “ファームウェアバージョン"を選択し“OK”をクリックしてください。現在使用中のファームウェア名が表示されます。

 

アップデートの際、必ず弊社記載の手順に沿って行ってください。
手順に沿わず行った動作に対し、何らかの損害が発生したとしても、弊社は何ら責任を負うものではございません。

パソコンでの作業:

注意:
- 同梱のinnowa SDカード以外を使用される場合は、必ず作業前にフォーマットを完了してください。
- SDカードには、ダウンロードしたアップデータ以外のフォルダ/ファイルを置かないようにしてください。
- アップデート用のファイルの名前を変更しないでください。

1. 最新のアップデート用ファイルを弊社サイトよりダウンロードする。
2. ファイルを展開(解凍)し、”innowaGravity.bin”がフォルダ上にある事を確認する。
3. SDカードを準備し、カードリーダーなどを使用してPCにセットする。
4.  2.のファイルを、挿入したSDカードが表示されているフォルダにコピーする (innowaのSDカードを使用されている場合は、一番上の階層に保存)。
5. SDカードをPCから取り出す。

ドライブレコーダーでの作業:

注意:

- アップデート前に、車のエンジンをかけた状態にし、ドライブレコーダーの電源をOFFの状態であることをご確認ください。(電源ボタンを長押しすれば本体電源OFFとなります)
- SDカードが挿入されている場合は、必ず取り外してください。

1. SDカードをドライブレコーダーにセット。
2. ドライブレコーダーの電源をON。アップデートは電源が供給されている状態で行ってください。
3. アップデートが自動的に開始します。
4. アップデート完了後、電源OFFとなり、不要となったファイルは自動的に削除となります。
5. もう一度電源を入れて、メインメニューから”ファイル” > “SD初期化”を選択し、SDカードの初期化を行ってください。

 

以下の条件に同意していただける場合のみ、アップデートプログラムをダウンロードできます。


このソフトウェアを個人のWebページ上などで再配布される場合には、事前にNH Technology合同会社からの書面による使用許諾が必要です。
このソフトウェアの改修、併合、翻訳、変更、逆コンパイル、リバース・エンジニアリングなどの行為を禁止します。
このソフトウェアは、NH Technology合同会社からライセンス供与されてお客様の使用が認められたものであり、販売されたものではありません。このソフトウェアが記録されているメディアの所有権はお客様に属しますが、ソフトウェア自体の所有権はNH Technology合同会社が留保します。

NH Technology合同会社は、このソフトウェアの品質および機能がお客様の使用目的に適合することを保証するものではありません。また、本資料に明示的に記載された以外、このソフトウェアについての瑕疵担保責任および保証責任を一切負いません。
このソフトウェアの選択および導入はお客様の責任で行っていただき、このソフトウェアの使用およびその結果についても、同様にお客様の責任で行っていただきます。